ソーダストリームには、

 

購入をとまどってしまうレベルのデメリットがあることを発見しました。

 

 

 

ソーダストリームは、いつでも簡単に炭酸水を作れるってイメージがあるかも知れませんが、案外そうじゃなかったんです。

 

 

そこで今回は、私が発見したソーダストリームの3つのデメリットについて詳しくお伝えしていきます。

 

  1. ペットボトル水の常備が必要
  2. 水を冷やさなければいけない
  3. 炭酸が抜けやすい

 

 

ソーダストリームが今すぐにでも欲しい!と思っていればいるほど参考になると思います!

 

 

 

 

ソーダストリームの3つのデメリットとは?

ソーダストリームのデメリット

 

 

①ペットボトルを常備しなくちゃいけない

 

せっかくソーダストリームで炭酸水を作るなら、良質な水を使って炭酸水を作りたいですよね!

 

 

蛇口からジャーっと出てきた水道水で炭酸水を作ってもいいですが、せっかくならミネラルウォーターを使って美味しい特別な炭酸水を飲みたいって気持ちもあると思います。

 

 

 

もし、ソーダストリームで美味しい炭酸水を作るならペットボトルの水を買ってお家に常備しておく必要があるんですね。

 

 

ペットボトルの水を買い物ごとに購入してお家に持って帰るのって結構疲れるんです。

 

 

スーパーで買物をするときは、野菜やお肉、卵などを買って、プラスで2Lペットボトルを持ち帰らないといけないですよね。

 

スーパーの袋は1つでは全然足りずに、大きなビニール袋2つが両手を痛めつけながら帰宅しなくちゃいけません。

 

 

 

あなたが水道水を使って炭酸水を作るなら問題ありませんが、質が少し劣った炭酸水を飲むハメになってしまいます。

 

 

②冷たい水の用意が必須!

 

炭酸は水が冷たければ冷たいほど、炭酸が水に溶けやすくなるんです。

 

ソーダストリームにぬるい水を使ってしまうと、シュワシュワ感がない炭酸が抜けたコーラのような物足りなさを感じる炭酸水が出来上がってしまうんですね。

 

 

 

だから、ソーダストリームで炭酸水を作るときはキンキンに冷えた水の用意が必須!

 

 

 

ペットボトル水・水道水のどちらを使うにしても、冷蔵庫でキンキンに冷やさないとシュワッと爽快な炭酸水は作れません。

 

今すぐ炭酸水が飲みたい!と思ってもキンキンに冷えた水がなかったら、冷蔵庫で水が冷えるまでの間おあずけを食らうことになります。

 

 

③炭酸水の作り置きをすると炭酸が抜けやすくなる

 

ソーダストリームで一度に作れる炭酸水の量は、500mlもしくは1Lです。

 

この500ml、1Lというのは固定なんですね。

 

 

 

だから、1口、2口だけ炭酸が飲みたいと思っても、専用の500mlボトル、1Lボトルに合わせて炭酸水を作らないといけないんです。

 

 

 

そして、炭酸水を作り置きしてしまうと、当然炭酸はどんどん抜けてしまって美味しくない炭酸になってしまいます。

 

 

飲みたいときに飲みたい分だけの炭酸水を作れないデメリットがあるとも言えますね。

 

 

ソーダストリームの3つのデメリットを克服する商品を発見!

キララウォーターサーバーの水を注いだグラスとピッチャー

 

ソーダストリームには次の3つのデメリットがありました。

 

  1. ペットボトル水の常備が必要
  2. 水を冷やさなければいけない
  3. 炭酸が抜けやすい

 

 

これらのデメリットを克服した商品がこれ!

 

 

『キララウォーターサーバー』

3色のキララウォーターサーバー

 

キララウォーターサーバーは炭酸水も作れるウォーターサーバーなんです。

 

冷水・温水・炭酸水の3種類の水をキララウォーターサーバー1台で作れちゃうんですね。

 

 

 

そして、キララウォーターサーバーがソーダストリームよりも優れている点は次の3つ。

 

キララウォーターサーバーの優れている点
  1. 天然水が定期的にお家に届けられる
  2. ウォーターサーバーの冷水で炭酸水を作れる
  3. 1度に作れる炭酸水は245mlだから作り置きしない

 

 

キララウォーターサーバーを利用すると、1週〜4週に1回のペースでお家に天然水を届けてくれます。

 

だから、スーパーに行って重たいペットボトルの水を両手を痛めながらお家に持ち帰る必要がありません。

 

 

 

 

また、キララウォーターサーバーは3〜8℃のキンキンに冷えた冷水を飲むことができます。

 

その冷水を使って炭酸水を作ることができるから、わざわざ冷蔵庫で水を冷やす手間がかかりません。

 

炭酸水を飲みたいな!と思ったときに、キララウォーターサーバー1台あれば手軽に炭酸水を作れるんです。

 

 

 

そして、キララウォーターサーバーで一度に作れる炭酸水は245ml。

 

少なくない?と感じるかも知れませんが、一度に飲みきれるちょうどいいサイズなんです。

 

 

ソーダストリームだと500mlもしくは1Lの大量の炭酸水を作らないといけないから、どうしても余しちゃうんですよね。

 

そして、余った炭酸水は冷蔵庫の中でどんどん炭酸が抜けていってしまうんです。

 

 

でも、キララウォーターサーバーなら245mlというちょうどいいサイズで炭酸水を作れるから、飲み残しはほとんどありません。

 

 

いつでも新鮮でシュワッと爽快!喉にカッーとくる炭酸水を好きなときに飲めるんです!

 

キララウォーターサーバーで作ったレモンの炭酸水

 

 

 

キララウォーターサーバーはソーダストリームの3つのデメリットを完全に克服してるんですね。

 

 

 

ソーダストリームを購入すると、炭酸の物足りなさ不便さが原因ですぐに使わなくなってしまう可能性が高いんです。

 

 

でも、キララウォーターサーバーなら、手軽に美味しい炭酸水をちょうどいいサイズで作れるからいつまでも使い続けたくなるはず!

 

 

キララウォーターサーバーも選択肢の1つに入れて検討してみてください!

ソーダストリームのデメリットを完全克服!キララウォーターサーバーの公式サイトはこちら⇛

おすすめの記事